『奈桜』は日本を代表する花「桜」をテーマとした"もの"や"こと"を創り出し、日常の和の美しさを世界に発信するブランドです。

はじめに

日本の美しさは、四季折々に移り変わる自然の美しさです。
そしてその自然を愛でる日本人の感性と、その感性から創造された ”もの” や ”こと”の素晴らしさを、特別のものではなく日常的なものとして伝えるために、日本を代表する花「」をテーマとしたプロジェクトを『奈桜』ブランドの下に立ち上げました。
奈桜美容液

『奈桜』の語源

日本を代表する花「桜」。私達はその桜の花に様々な思いを込めて来ました。
冬が過ぎ、日一日と春の気配を感じ、柔らかい春の陽射しの中で、蕾を膨らませながら、やがてその時期を待って一斉に開花する桜。日本に生まれ育ち、何度桜を愛でて来たことでしょう。

新しい門出を祝って、華々しく咲き乱れる桜。その1つ1つの花は自身を主張することなく、さり気なく、奥ゆかしく、小さな花弁を維持しています。

この桜のような日本人の心を世界中に伝えて行きたいと、桜の花に思いを込めて、日本製和コスメとして、「桜」をテーマにした美容液が誕生致しました。

桜と言えば、古(いにしえ)の奈良の桜。その奈良の一文字をとって『奈桜』と命名いたしました。

ソメイヨシノ

『奈桜』の世界観

その昔、
日本人は春夏秋冬の風を感じ、
その季節感を生活の中に取り入れて来ました。
日本人の感性や美意識を表現した独自の日本文化が生まれたのです。

今では、
殺伐とした毎日の暮らしに追われ、
その季節感さえ感じられない世の中になっているのではないでしょうか?
しかしながら、
ちょっと深呼吸して周囲の木々や草花に目をやってみてください。
春の空気や陽射しを感じ芽を出し、やがて花を咲かせる…
大自然の法則に従って淡々と時を刻んでいます。

未来に向かって、
自然のやさしさと共に豊かな人生を送るために、
セルフエスティーム(自己肯定感)を高める”もの”や“こと”を提供します。

日常のライフスタイルの中でFeel-Goodな私をつくる『奈桜 -nasakura-』。

奈桜の世界観

『奈桜』ブランドコンセプト


代表プロフィール

晴れてフリーとなった40歳の誕生日に交通事故に遭いながらも、夢は捨てず憧れのギャラリーカフェを1999年から約2年間神宮前で経営した。閉店後は法人設立してバックオフィスサポート事業を行う。

どんな場でもその状況を素早く読み取り適切な対応をしていく能力はピカイチ!経営者の片腕として数十社のサポートを行ってきた。

49歳で再婚した時には専業主婦となったが、51歳で離婚し社会復帰。
その後、フリーランスの苦悩を3年間味わいながら、3度目の再婚で将来の夢を共にしていける夫とともに、再度起業を決意!3年間、インターネットビジネス業界の事を学び、Eコマースにソーシャルメディアを取り入れた"ソーシャルコマース"をメイン事業とする株式会社ソーシャルミックスを設立。

『日本の日常の美を伝える』をライフワークテーマとして事業化するにあたり、そのスタートとして『奈桜 nasakura』ブランドを立ち上げた。


メルマガ登録